Jazz Time ♪ビックバンドとコンボ♪

   

ジャズって何だか難しいとか、分かりにくいと思っている方も多いと思いますので、ちょっとづつ解説しようと思ってます。
と言っても、私もただのリスナーですから間違ったことも言うかもしれませんので、遠慮無く指摘してくださいませ。

ビッグバンド

前回のJazz Timeでご紹介したように、ニューオリンズ(デキシーランド)からジャズは生まれました。
それが、次第に米国全土へ広がっていったわけですが、1930年代中頃になるとダンスホールを中心とした所謂(ゆわゆる)Swing Jazz(スイング・ジャズ)が全盛期となります。
そう、Big Band(ビックバンド)と呼ばれる管楽器を中心としたオーケストラ形式の楽団です。
※ 映画スウィングガールズをご覧になってご存じの方も多いと思います。
ちなみに、のだめカンタービレ上野樹里ちゃん、NHKの連続ドラマちりとてちん貫地谷しほりちゃんとかが出てます。
よくジャズバンドで○○オーケストラと書いてあることがありますが、ビックバンドと同じ意味です。


ビックバンドは主に17人で構成されていたようです。
詳しくは、All About:ビッグバンド特集参照。
ビッグバンドの当初の目的は、お客さんをスイング(踊らせる)させること。
とても実用的な音楽でした。
全盛期には、 Duke Ellingtonデューク・エリントン楽団、
カウント・ベイシー・オーケストラカウント・ベイシー
楽団、Benny Goodman - The Greatest Jazz Clarinet - Sing, Sing, SingSing, Sing, Singで有名な
Benny Goodmanベニー・グッドマン
楽団、
アニタ・オデイアニタ・オデイ
が所属していたスタンケントン楽団などなど・・・いっぱいありました。
ビッグバンドの楽器の役割として、2通りありました。
ひとつは、トランペットやサックス、トロンボーンから構成するホーンセクション。
メロディーやハーモニーを奏でます。
また、ボーカルもこっちに含まれます。
もうひとつは、リズムセクションと呼ばれる、ピアノ、ギター、ベース、ドラムなど。
意外に思われるかもしれませんが、ピアノやギターもビックバンドでは、ひたすらリズムを刻むのが主な役目でした。
リズムセクションの生み出すスイング感に乗ってホーンセクションやボーカルが歌い上げる。
これが、ビックバンドスタイルの典型と言って良いでしょう。
これらのビックバンドからは、この後の所謂モダンジャズを背負って立つジャズジャイアンツが数多く出てきます。

ジャズコンボ

ビックバンドに対して、少人数で演奏するのを”コンボ”なんて言います。
基本形は、ピアノトリオです。(ちょっと乱暴かもしれませんが)
ピアノトリオと聞くと、「ピアノが3台?」と想像する人がいるかもしれませんが、ピアノ、ベース、ドラムで構成されるスタイルです。
このスタイルを作ったのは、Bud Powellバド・パウエル(ピアニスト)と言われています。
ビックバンド時代には、リズム楽器の1つだったピアノがメロディラインを取るのです。
このスタイルで、ピアノをクラシック並みの主役に押し上げたのが、ビル・エバンス・トリオビル・エバンス
とにかくこの人のピアノはきらびやかで華やか。
あと、主にピアノトリオで活躍した方は、去年年末に亡くなった、
Oscar Petersonオスカー・ピーターソン
さん(ピアニスト)が有名です。
この人の音楽はとにかく楽しい。
ピーターソン節と言われる独特の節回しがあって、特徴的な演奏をします。
実は、私が若い頃一番はじめにジャズにはまったのが、オスカー・ピーターソンでした。
失恋したときにどれだけこの人の音楽に元気づけられたか・・・
ご冥福をお祈りします。
このピアノトリオを基本として、ビックバンドと同じようにフロント楽器を加えた形が現在の主なジャズバンドの形態になっています。
フロント楽器は、トランペットやサックスなどビックバンドと同じくホーンが努めることが多いのですが、バイオリンやヴァイブラフォンの時もあります。
つまり、メロディを奏でられる楽器であれば、なんでもOK。
ジャズコンボの場合は、気のあったメンバーが、集まってその時に応じたサウンドを作るといったスタイルでしょうか?
リズムもメロディでもいけるギターやピアノのソロ以外の形態では、最低限リズム楽器とフロント楽器との組み合わせになります。
例:ピアノとボーカル、ピアノとバイオリン、ギターとボーカル等々。
Sonny Rollins - A Night At the Village Vanguardソニー・ロリンズのようにピアノレスのコンボもあります。
とにかく形に囚われないのがジャズの良いところでしょう。


では、典型的なピアノトリオの演奏。

ピアノとドラムとの掛け合い(会話)があります。
チビ達には、この人達は、音楽で会話ができるんだよ!って教えています。(#^_^#)

 - Jazz Time