Jazz Time ♪朝日のようにさわやかに?♪

   

ジャズのスタンダードナンバーに日本語名が「小林 桂 - ソフトリー - 朝日のようにさわやかに朝日のようにさわやかに」という曲があります。
私は、この曲が大好きで演奏できる数少ないレパートリーの一つ。
一番最初に聴いたのは、Sonny RollinsSonny Rollinsの演奏。
それ以来何度聴いても聞き飽きないので繰り返し聴いています。
イントロののベースが始まった時点で曲がわかる。
昔あったイントロ当てクイズでも正解する自信があり。(笑)
iconicon


※この演奏もお勧め。
Sonny Clark Trioicon


この曲は、元々1928年にブロードウエイの台本作家、オスカー・ハマースタイン2世が、自らのミュージカル「The New Moon」のために作詞、シグムンド・ロンバーグが作曲したもの。
同じミュージカル(コンビ)からは、これまた有名なスタンダードナンバー「森川七月 - & Jazz - Lover come back to meLover come back to me」が生まれています。
このオスカー・ハマースタイン2世は、その他にも「王様と私icon」、「サウンド・オブ・ミュージックicon」といった超有名なミュージカルを書いています。
話を元に戻しますと・・・
これは、日本名「朝日のようにさわやかに」は、原曲名の「Softly, As in a morning sunrise」を日本語にしたものだと思われます。
ところがギッチョン(笑)誰が和訳したのか知りませんが、これ完全に誤訳のような・・・
私が、歌詞を翻訳(意訳)してみるとこんな感じ。
原詩はこちら→seeklyrics.com:Softly,as in a morning sunrise

朝日のように密やかに
恋は、貴女の日常にいつの間にか忍び寄る。
恋に落ちた貴女は、太陽の炎のように燃え上がるキスを交わすだろう。
だけどその時交わした愛の誓い、なんてみんな嘘っぱち。
恋する日々は、スリルたっぷりで、貴女を天国へも連れて行くだろう。
だけど恋する情熱は、やがて貴女を焼き尽くし、地獄へ突き落とす。
そして一巻の終わりさ。
朝日のように密やかに
恋の光が見せる幻(まぼろし)は、貴女からすべてを奪い去る。
そして静かに消えてゆく
そっと静かに消えてゆく

ちっとも「さわやか」じゃない・・・_l ̄l○
私の知り合いの、ほっこり・癒し系のジャズボーカリスト、佳川夏己さんにこの曲をリクエストしてレパートリーに加えてもらっています。
この前私がライブへ行った時に歌ってくれたのですが、
「私実は、この歌とっても苦手」
と言ってました。(笑)


こうやってジャズの歌詞をよく読んでみると、結構面白いですよ。
曲調や、タイトルとはかけ離れたモノが結構あります。
ちなみにBillie Holiday - The Very Best of Billie Holiday - SummertimeSummer Timeは、子守歌。
私が、ジャズばかり聴いているので、小学校4年生のチビは、ジャズスタンダードを鼻歌で歌えます。
先日も、私が、コルネットでこの曲を吹いていると、階下でのチビの口笛が聞こえてきました。
ジャズスタンダードを口ずさむ小学校4年生・・・恐るべし。(笑)
しかし、最近鏡の前にいる時間がめっきり増えたこのチビも、やがてさわやかじゃない恋をするのでしょうか?

おしゃまさん
オトコはオオカミばかりだぞ~~~!
気をつけろよ~~~!
え?私はどうだったのか・・・ですか?
いえいえ、私は丑年です。

Softly As In A Morning Sunrise - Dianne Reeves

 - Jazz Time