Jazz Time -大西順子ライブ-

   


サイン入りCDジャケット
大西順子
この女性(ひと)の容姿にみんな勘違いします。
そう、彼女の奏でる音楽。
私もそう思っていました。
煌(きら)びやかなビル・エバンス・トリオのようなピアノだろうと・・・
しかし、彼女のCDをトレイへ入れ、再生ボタンを押した数秒後には・・・


ぶっ飛びます。(笑)
もし良ければ、これをお聞きください。
大西順子 - WOW - ブリリアント・コーナーズブリリアント・コーナーズ
Thelonious Monkセロニアス・モンクに影響を受けただけあって、とっても重心が低いブルージーな音楽です。
そんな大西順子さんのライブへ行ってきました。
時間が早かった(18時30分開演)ので、あまりお客さんはいませんでしたが、約1時間堪能させていただきました。(T^T)
多くのジャズミュージシャンを輩出しているバークリー音楽大学を首席で卒業後、ニューヨークの名門ジャズクラブヴィレッジ・ヴァンガードに出演したり、あのマル・ウォルドロン - マル・ウォルドロン - レフト・アローンJackie McLeanと競演したり、1990年代は、彼女の時代でした。
そんな彼女が、西暦2000年を最後に5年間ほど演奏活動を停止していました。
原因は不明ですが、私がネットの記事を追いかけたところでは、他のミュージシャンの批判などを言っていたらしいのです。
それを面白可笑しくマスコミが書き立てて、あおられるままにまた発言する。
というような状況で、彼女へのバッシングがひどかったようです。
容姿端麗な彼女が、そんな発言をするのがマスコミの餌になってしまったのでしょうが、なんだか、彼女の音楽と関係のないところでそんな風に取りざたされるのは、悲しいですね。
私が彼女のことを知ったのは、ちょうど演奏活動を中止している時だったので、ライブでは聴けないのかと思っていましたから、とっても嬉しかったです。
また機会があったら、是非聴きに行きたいミュージシャンの1人ですね。

 - Jazz Time