Jazz Time - Cornettist-

   

先日から、○○ハ音楽教室のトランペット教室に通い始めました。
グループレッスンなので、私の他にお二人いらっしゃいます。
いずれも男性の方なのですが、私より年上のようです。
中年になってからラッパ系の楽器を始めるのは、私ぐらいだろうと思っていたのですが、ある意味ビックリすると共に、なんだか「自分だけじゃないんだ」と思って嬉しかったです。
教室の楽器(トランペット)を借りて1時間レッスンしたのですが、似ているとはいえ吹奏感が大分違いますね。
コルネットより大きい分息を取られます。
コルネットと同じつもりで息継ぎすると、途中で無くなってしまいます。
意識して、大きく吸うようにしないと・・・
でも、いつでも気軽に質問できる環境があるって素晴らしいですね。
独学でやっていた時には、あれやこれや自分で悩みながらやってました。
これってとっても幸せです。


ジャズの世界では、コルネットは、フリューゲルホルンと共に、トランペッターの持ち替え楽器として使われる場面が多いのですが、コルネット専門のCornettistもいます。
私がコルネットを始める切っ掛けになった、Warren Vache(ウォーレン ベシェ)も主にコルネットを吹いてます。
(時々トランペットやフリューゲルホルン)
その彼が、彼のHP内でファンの「どうしてコルネットを吹いているのですか?」という質問に答えて「トランペットはもちろん素晴らしいが、コルネットの優しくまろやかな音色が大好きなんだ。コルネットは不思議なほど低い評価を受けているね・・・」という意味のことを言っています。
私もある楽器店へ行った時に行って、「ジャズでコルネットを吹きたいんですけど」と言った時に、「コルネットは、トランペッターの持ち替え楽器だから、まずトランペットを買って練習しなさい」と強く言われてちょっと (-_-メ)な気持ちになった経験があります。
私は、ジャズが好きでいっぱい聴いてきました。
もちろんトランペットも・・・
しかし、自分で吹きたいと思ったのは、コルネットなんですよね。
なぜトランペットではなく、コルネットなのか・・・
やっぱりベシェが言っているように、トランペットに比べて優しいからでしょう。
それに音が軽やかでスピーディーな気がします。
トランペットが、据え付け型の大きい機関銃だとすると、コルネットは、短機関銃。
今日は、そんなコルネット奏者の1人。
アルトサックス奏者、Cannonball AdderleyJulian "Cannonball" Adderleyの弟。
Nat Adderleyをご紹介。
お兄さんの陰に隠れて(身体もお兄さんより小さい)あまり目立ちませんでしたが、トランペッターからコルネットに転向し、お兄さんのバンドでいっしょにやってました。
The Cannonball Adderley Quintet - Them Dirty Blues - Work Song Work Songという有名な曲を作曲しています。
早くこんな風にかっこよく吹きたい~。
では、THE CANNONBALL ADDERLEY SEXTETの演奏で、「Work Song」
たぶんどこかで最初のテーマは聴いたことがあると思いますよ。

あ、○○ハ音楽教室の先生が、若くて可愛らしい女性の先生だというのは、内緒です。

 - Jazz Time