Jazz Time - OMASound 鈴木 勲-

   

OMAさんこと鈴木勲さんのライブを聴いてきました。
いや~ これこそ私がライブで聞きたいと思っていたハードバップ。
それもそのはず、この方は、1970年代 アート・ブレイキーに誘われてジャズメッセンジャーズのベーシストをやっていました。
今回のツアーは、フロントが3管(AltoSax×2 Trumpet)にバックのリズム隊がエレキギター、ベース(チェロ)、ドラムという、6人(Sextet セクテット)の構成。
このうちフロントの3人とドラムが妙齢の女性。
OMAさんの話では、まだまだ修行中だとのことでしたが、若さいっぱいで元気の良い熱い演奏。
そして、OMAさんとギターの天野清継さんが繰り出すものすごいセッション。
ハードバップならではのハーモニーの美しさをタップリと楽しませていただきました。
いや~ ライブって本当に最高ですね。


アート・ブレイキーがジャズメッセンジャーズで若手のジャズメンを育てていたように、OMAさんも世界に通用する日本人のアーティストを育てています。
ステージの最後に「いくら才能があるヤツでも、真面目に勉強しないヤツはダメだ」と言っておりました。
才能は無いけど、頑張って勉強すれば私のコルネットも上手くなるかな~
鈴木勲さんは、昭和8年生まれの75歳。
数年前に鬼籍に入った私の親父と同じ年代の人が現役バリバリで演奏しているんだ。
私も負けてはいられません。
5年後のメジャーデビューを目指します。(笑)
帰ってきてから調べたら天野清継さんも『ウィキペディア(Wikipedia)』にページがあるほどの有名人。
『ウィキペディア(Wikipedia)』天野清継
そんな人と話すチャンスがあったのに・・・
サインの1つも貰うんだった。
シャイな?自分の性格が悔やまれます。
You Tubeで検索したら今回のメンバーの演奏がありました。(はや!でも音がイマイチなのが残念)

帰ってきてから、興奮しっぱなしで、ず~とアート・ブレイキーとジャズメッセンジャーズを中心にハードバップばかり聴きっぱなしの私は、いつ寝ることができるんでしょう。(^^ゞ
現在午前2時過ぎ・・・
え~い もう1つ。
アート・ブレイキーとジャズメッセンジャーズのお勧め映像をどうぞ!
曲は、Dizzy Gillespieの名曲、A Night in Tunisia

【追記】
結局寝たのは、午前3時・・・ヽ(^○^)ノファーーァ!

 - Jazz Time