Leopard雑感 その5-iChat AV-

   

iChat
このiChat AVというソフト、Leopardになってとっても進化したようです。
参考記事:Macでコミュニケーション - iChat -
実は、TigeriChatAVも、数回しか使ったことがなく、iChat初心者な私。(^^ゞ
先日たまたま書店をうろうろしていたら、MacPeople4月号に綴込付録として iChatの「環境設定カタログ」&Tips が付いてました。
これぞ「救いの神」と早速購入。
お~ これは便利!っと思った機能をいくつかピックアップ。

【アカウント】

Leopardになってまず、Googleトークのアカウントが使用できるようになったようです。(つまりGoogleのメールアドレスで参加可能)
通常のアカウント設定と同じように、iChatAVの「環境設定...」→「アカウント」で左下の「+」をクリックして追加します。

アカウント設定
アカウントの欄には、Googleのメールアドレスをそのまま記入すればOK!
確認はしていませんが、他の「.Mac」や「AOL」のアカウントと同じように使えるようです。
これは便利ですね。
Googleのメールアドレスであれば持っている人も多いでしょうから、iChatのためにわざわざ「AOL」のアカウントを取りに行かなくても良いのがGood。

【Chatの保存】

Chatの内容を保存しておくことができるようになりました。
つまり、ビデオチャットは、ムービーファイルに、オーディオチャットは、音声ファイルになってiTunesへ自動的に登録されるようです。
なんだか楽しみが広がりますね~~~
そして、個人的には、これが一番ありがたかったのがこれ↓

【接続診断】


接続診断
Macの種類・性能が多種多様になってくる中、iChatAVの機能も高性能化され、Macの能力によっては使えない機能もでてきました。
そこで、この接続診断をクリックすると、使える機能と使えない機能が一目瞭然。

接続診断×
私のPowerBookG4の場合、能力不足で複数メンバーのビデオチャットのホストを務めることができません。
これで以前、私がホストで複数ビデオチャットできなかった理由が判明。
_l ̄l○
IntelMac欲しいぞ~!(笑)

【画面共有】

人のデスクトップを乗っ取れるようになりました。(笑)
Windowsでいう「リモートデスクトップ」と言えばわかりやすいのかな?
Macでも専用ソフトを使えばできたのですが、iChatしながらこれができるのはいいですね。
例えば、MacやPersonal Computer初心者の方が、古参ユーザに操作のやり方を教えてもらったりできます。
口で説明してもよく分からない場合には、実際にやってみせた方が早いですからね。
☆遠距離恋愛中のカップルの画面共有使用例。
「ねぇねぇ、ヒロ君(仮名)! 先月一緒に行ったスキー旅行の写真をiPhotoを使ってスライドショームービーにしたいんだけど~ 」
「しゃぁないな~ 画面共有でやったるから、「受け付ける」をクリックするんやで」
「これでいい? わー Macの画面がなんにもしないのに動いてる~♪ すごいすごい!」
「まず、こうやってiPhotoへ画像を追加してやな・・・?」
「あ~! そのフォルダはだめ ~」
「なんや?このデジカメ写真!」
「あ!経理課の中川(仮名)やないか、え?温泉? 俺がこっちへ転勤になったからって いつの間にお前ら!!!」(-_-メ)
「ごめ~ん、隠してた訳じゃないけどさ 言い出しにくくて・・・ 実は元彼なんだ でもヒロ君とつきあい出す前に分かれてるし、今はなんでもないから許して! お願い!」(; 。;
「う! しゃぁないな~、今回だけは許してやるわ、その代わりにこの写真全部捨てるぞ」
「うん、もちろんいいよ、今はヒロ君だけだもん」(^_-)‥‥……━☆
------------------------
iChat終了後、密かに自分のデスクトップへコピーしておいた、彼女&中川ラブラブ画像の情報を見て、独りつぶやくヒロ君であった。
作成日が先週やんけ・・・」


その他にも、便利な機能や面白いTipsがありますから、まだMacPeople4月号を書店で見かけたら、買っておいて損はないと思いますよ。
もっと詳しく知りたい方は、こちら。
アップル-サポート-iChat

 - Mac・iPhone・iPad入門