MacでWindowsが動く意味

   

1日経ってジワジワと「MacでWindowsが動く日が来たんだ~」と実感が湧いてきました。
個人的には、仕事でWindowsを使っていても、自宅ではMac一辺倒。
職場でWindowsを使っているといっても、WordやExcel等のOfficeしか使っていません。
その他は、使う気がないというか、やたらめったらフリーソフトを入れるわけにいかないし、メモリなどの増設も自由にならないので面白くないんです。
それに、職場のWindowsは、突然原因不明の障害が起きてネットに繋がらなくなったり、ログインできなくなったり、周辺機器を認識しなくなったりで正直嫌気がさしてます。
Macに慣れてしまうと、Windowsの使い勝手の悪さがいちいち気に障ってしまうんですよ。


私にとっては、毎日ガシガシ使っていても、障害が出ないMacOSの方が安心して使えます。
そんな状況なので、IntelMacを買ってもWindowsをインストールするかどうかは微妙です。
しかし、今までWindowsを使ってきた方々にとっては、過去のソフトも使えるでしょうし、Windows機の選択肢が1つ増えたということですよね。
そう、MacでWindowsが動くという意味はここにあると思うんです。
今までOSの違いとかで、MacとWindows機の正当な評価ができなかったのですが、これで他のDellなどを初めとした大手のWindows機とMacをハードウエアの面から見た評価が、同じ土俵の上で可能となったのです。
きっと近日中には、そういう比較をした記事がネット上を駆けめぐることでしょう。
今までWindows機と比べて割高だとか言われてきたMacですが、どういう評価を受けるか楽しみです。
コストパフォーマンスでMacが絶対負けることはないと思っています・・・多分
(;^_^A アセアセ…

 - Appleを語る