Macと会話する方法

   

英会話を趣味で長いことやっているのですが、ヒヤリングは英語のテープを聴いたり英会話教室で実際にネイティブスピーカーの英語を聴いたりしていれば、自分である程度上達具合が分かりますよね。
だけど、スピーキングの能力、つまり自分がどのくらい上手に英語の発音ができているかって分かりにくいですよね。
外国の人が話すような日本語、「アナタハ、カミヲシンジマスカ~?」みたいな発音になっていないかどうか心配になるときがあります。
そういうときは、Macと会話して練習しましょう!


MacOS Xには、「音声認識システム」が標準で装備されています。
Macminiなどは、内蔵マイクロフォンがないので外部マイクロフォンが必要になります。
「システム環境設定...」→「サウンド」→「入力」で「内蔵マイク」が選択できるようなら、Macにマイクロフォンが標準装備されてます。

sound.jpg
次に、同じく「システム環境設定」→「スピーチ」を開いて「音声認識」に「Internal microphone」を選びます。
もちろん外部マイクなどを接続している場合は、そちらを選んでください。

speech.jpg
「Speakable Items」を「入」にします。
「補正...」で正しく認識されるように何回も話して練習してみてください。
これで簡単な設定は終わり。
デスクトップにこのアイコンが現れます。

Speech icon
デフォルト(初期設定)では「Esc」キーを押している間だけ「音声認識システム」が働くように設定されています。
「Speech Commands」ウィンドウ上のボックスに認識されたフレーズ、下にはコマンドが表示されます。

SpeechCommands ウインドウ
「システム環境設定...」→「スピーチ」ウィンドウの右下の「?」をクリックするとMacヘルプが開きますので参考にしてください。


それでは、Macと会話してみましょう。
私:「Get my mail」
Mac:「...Lanching mail program」
設定してあるメーラーが起動します。
私:「Open my browser」
これまた設定してあるブラウザが起動します。
「Tell me joke」というコマンドがまた面白いです。
私:「Tell me joke」
Mac:「Knock knock」
私:「who's there」
Mac:「Tinker Bell」(毎回出てくる人物が違う)
私:「Tinker Bell who 」
Mac:「.............」
私:「Tinker Bell who 」
Mac:「............」
私:「Tinker Bell who !」
Mac:「............」
認識しねぇ~ (T.T)
私:「go away」
Mac:「OK. Back to work!」
いやに嬉しそうジャン・・・(-_-メ)
俺の下手な英語は聞き飽きたってか???
コンピュータの音声もいろいろ変更できます。
私は「Vicki」がお気に入り。(#^_^#)
最初からすんなり認識してくれるわけではないので練習が必要です。
Macに向かって何度も同じフレーズを話す私を横で見ていた嫁さんに、
普通に操作した方が早いんじゃないの?
と言われてしまいました。(T.T)
結構きちんとした発音をしないと反応してくれないようです。
ネイティブスピーカーでも、訛りがひどいと認識してくれないんじゃないかな~。
外付けマイクや、ヘッドセットを付けて会話すると結構カッコイイし、周りのノイズを拾わないので成功率が上がると思います。
Macと会話できて、英語の勉強にもなる。
それもほとんど追加投資なしで。
やっぱりMacは楽しいや。(^o^)

 - Mac・iPhone・iPad入門