Macに分厚いマニュアルはない

   

Solid Inspiration Blogさんで、「あなたがMac初心者にアドバイスするとしたら…」という連続ものの記事を書かれていますので、林 囓でも、お手伝いしようと思います。
と言うよりも、本来 林 囓で取り上げるべき記事の内容なのでしょうが・・・(^^ゞ
Solid Inspiration Blogさんの記事
あなたがMac初心者にアドバイスするとしたら…(1)
あなたがMac初心者にアドバイスするとしたら…(2)
あなたがMac初心者にアドバイスするとしたら…(3)


私が初めて、初代iMacを買って箱を開けたとき、ビックリしたことの1つに、「マニュアルがない」ということがありました。
全く無かったわけではないのですが、電源の接続方法等を書いたパンフレットだけでした。
私が昔Windows機を買ったときは、それこそこれでもか!というくらいマニュアル本がついていました。
OSのマニュアルやら、バンドルソフトのマニュアルやら・・・
分からないことがあっても、どれを読めばいいのかも分からないし、読む気にもなれなかったのを覚えています。
それじゃあMacの場合どうするのか・・・
☆ヘルプの活用
Windowsのヘルプは、最近少しはマシになってきたようですが、それでもこちらが訊こうとしていることに対して的確に応えていると思えないし、専門用語が多くて人間が理解できないことが多い。
なので、ユーザーが「ヘルプは飾り」だと思っているのではないでしょうか?
ですから、Mac初心者の方には、OSで分からないことがあったら、Finderの「ヘルプ」を活用することを教えてあげましょう。

ヘルプ
☆Spotlightの活用
Tigerから、実装されたSpotlightは、とても便利です。
ファイル検索だけではなく、「システム環境設定」でも威力を発揮します。

イで検索

プで検索
「イ」や「プ」だけでも、これだけの項目が出てきますから、たいがいの設定は、解説本などを使わなくても理解できます。
しかも、項目を選択すると、Spotlightを当ててくれるので分かりやすく、そのままクリック(またはリターンキー)すれば、即座にそのウィンドウを開いてくれます。
(しかも強調色でマークして)

ウィンドウ


MacのことはMacに訊け!
といったところでしょうか。
Solid Inspiration Blogさん、微力ながら応援させていただきます。

 - Mac・iPhone・iPad入門