Macのゴミ箱

   

WindowsとMacでは、同じ動作、作業をしてもシステム上ちょっとした違いがあります。
その1つにファイル削除の仕方もあるんです。


どちらも、ファイルを消去するときにゴミ箱へ捨てて削除します。
ここまでは同じ。
Macの場合は、ゴミ箱へ捨てただけでは、そのファイルがあったボリューム(HDDやMOなど)と縁が切れずにファイル自体は元のボリュームの中に残ったままなのです。
普段内蔵のHDDを使っているときは、気が付かないのですが、外付けのフラッシュメモリやHDD内のファイルをゴミ箱へ捨て、ゴミ箱を空にしないで取り外してしまうとファイル自体はまだそのボリュームの中に残ったままになってしまいます。
試しにゴミ箱を空にしてから、外付けボリューム内のファイルを一個ゴミ箱へ捨てて、ゴミ箱を空にせずに取り外してみてください。
ゴミ箱の中に入っていたはずのファイルも消えます。
これは、ゴミ箱へ入れたファイルが削除されたのではなく、外付けボリュームが取り外されたためにシステムのゴミ箱内から消えただけです。
もう一度同じ外付けボリュームを接続するとシステムのゴミ箱の中に捨てたファイルが復活します。
これは、Macでは、各ボリューム毎に「.Trashes」というフォルダを作成してFinderがどのボリュームから捨てられたファイルかを記憶し、元へ戻したい時に簡単に戻せるようにしているのだと思うのですが・・・(自信なし)
↓画像はターミナルから「Movie」という名前を付けた外付けHDDの中を覗いたところ。
trash.jpg
ですから、外付けボリューム内のファイルを削除したいときは、ゴミ箱を空にしてから取り外すと消去できます。

 - Mac・iPhone・iPad入門