Macのトラックパッドが手放せなくなる3つの設定

   

RetinaなMacBook ProにMountainLionをクリーンインストール。
とっても気分がスッキリして、ウキウキなMetalです。
マジ速くね〜?!
OS X Mountain Lion 10.8(¥1,700)
カテゴリ: 仕事効率化
販売元:
Apple - iTunes K.K.(サイズ: 4,348.2 MB)
全てのバージョンの評価: (733件の評価)


クリーンインストールしたのは良いのですが、トラックパッドの細かい設定がデフォルトに。(´Д`;)
設定し治そうとしても、「あれ!どこだったっけ?」状態。orz
思い出しながら設定をやり直したので、備忘録代わりに記事にしておきます。
Macのトラックパッドはとても便利です。
私は、もうマウスには戻れません。
しか〜し、初期設定ではドラッグする際、親指でクリックして、ズズズっと持っていかないとファイルなどを掴むことができないんですよね。
これが結構親指の力がいるし、不便なんです。
ところが、トラックパッドの設定をちょっといじれば、とっても快適になりますよ。


1、1本指でタップでクリック
01_skitched-20120818-231206.jpg

システム環境設定>トラックパッド>タップでクリックにチェック!
これで、1本指でタップするとクリックできるようになりました。
2、1本指でドラッグする
1本指でドラッグ

システム環境設定>アクセシビリティ>トラックパッドオプション>ドラッグを有効にする
これで、ウインドウ上部をダブルタップすると、ファイルやフォルダ、ウインドウなどがカーソルにくっつきます。
つまり、マウスで言うと左クリックしてそれらを掴んだ状態になり、そのままドラッグすることができるようになります。
ドラッグロックなしでは、移動して止まると自然にドラッグ状態を解消します。
ドラッグロックありにすると、一旦動きを止めても掴んだままの状態になります。
もう一度タップしないと離れません。
私は、途中で息切れしても離さないように、ロックありにしています。
この設定が威力を発揮するのは、テキストを選択する場面。
長い文章でも、ススス〜っと選択できちゃいます。
3、1本指でウィンドウをDockへしまう
03_skitched-20120818-233715.jpg

システム環境設定>Dock
ウィンドウのタイトルバーをダブルタップしてウィンドウをしまう
ウインドウ上部をダブルタップするとウィンドウがDockへシュ〜っと収納できます。
オマケ!
現在キーボードのファンクションキーは、音量などに割り振られ、従来のファンクションキーの機能を使おうとすると、fnキーを押しながらになるのですが、この設定にすると従来の使い方に戻せます。
04_キーボード-1.jpg

システム環境設定>キーボード
つまり、役割を逆転させることができるようになります。
(音量調節などは、fnキーを押しながら)
カタカナ全角変換は、F7。カタカナ半角は、F8 とかが習慣になっていた方はこっちの方が便利ですよね。
* * * * * * *

マウスを使ってのクリックからトラックパッドでのタップへの環境を変えるのは、最初違和感があるかもしれませんが、やってみると非常に便利、というか楽に作業ができるようになります。
クリックするために指先に力を入れる必要が無く、長時間作業していても右腕の筋が痛くなりません。
おかあちゃん!Macをいじるのが楽しすぎて涙が出ら〜
参考記事:MagicTrackpadの使い方
参考記事:なにげに凄いMagicTrackpad



おやゆびサイン ゴメン/お願い 平謝り

 - Mac・iPhone・iPad入門