Macのフォント

   

Windowsを仕事で使っているけど、嫌になることの1つにモニター上でフォントの違いが分からないことがあります。
よく見るとなんだか雰囲気が違うので分かるときもあるけど、その程度。
特に以前作成したWordやExcelのファイルに上書きして文章を作り、同じフォントのつもりで印刷すると、ゴシックや明朝体が入り交じっていて愕然とする。
そのたびに、修正。
急いでいるときは、イライラする。
第一紙の無駄遣い、環境に優しくない。


これが、ブラウザーの表示にも影響してくる。
独り言。さんの独りだけの独り言は、寂しいよぉ…orzでも紹介されていたとおり、Windowsの表示はショボイです。
サイトを作る側としては、CSSで、sans-serif(ゴシック体)、serif(明朝体)などと指定しても、あまり効果的ではないのは悲しくなってくる。
フォントもデザインの一部です。
このサイトの看板のフォントは、ヒラギノ明朝というOSXからOsakaに代わって採用された標準フォント。
明朝体はあまり題字には適さないらしいけど、Macのフォントの美しさをWindowsしか使ったことのない人に見て貰おうとあえて、このフォントにしてあります。
(SwitchTime!は、AmericanTypewriter)


Macでは、フォントを「Font Book.app」というソフトで閲覧することができます。

FontBookFontBook
また、アプリケーション(例としてSafariを使用)のフォントを変えるときも、このように細かく調整できるようになっていて、そこからFontBookを呼び出せるようになってる。

フォント変更フォント変更
自分でfontを追加するのも簡単、ユーザーフォルダ内にある「ライブラリ」→「fonts」フォルダへドロップするだけ。
こんな風に、簡単に、それでいて高度な使い方ができるのは、Macならではですね。



osaka
Osaka

hiraginomaru.gif
ヒラギノ丸ゴシック

chalkboard.gif
Chalk board

Chicago.gif
Chicago

aqua.gif
最後のは、私の大好きなあくあフォント(フリーフォント)です。
くわしくは、こちらのページで
いや~ Macのフォントはフォント(ホント)に綺麗ですね。
いかん、オヤジギャグか・・・_l ̄l○

 - Mac・iPhone・iPad入門