Macのヘルプ

   

このblogに遊びに来てくれる方が、先月までMac:Win=3:1ぐらいの割合だったのですが、ここ1~2週間Mac:Win=2:2になってきました。
Macへのswitchを勧めている当blogとしては、嬉しい限りです。
AppleがIntelを採用することになって、Windowsを使っていらっしゃる方の関心が高まったのでしょうか?
私がなぜMacへのSwitchを勧めているかというと、私もSwitch組だからです。


Windows95からWindows98へOSが変わる頃に初めてのGUIのPersonal Computerを購入しました。
昔NECのPC9800シリーズでパソコン通信をしたりして遊んだ経験もあり、それなりにPCの扱いには困らないだろうと思っていたのです。
しかし、実際使ってみると何が何だかさっぱり分からん。
それでも高価な物を買ったという意識があって、なんとかかんとか、使っていたのですが、何かしようとするといちいち突っかかって作業が前へ進まない。
イライラが募るばかりでした。
ヘルプを開いても「あんた何言ってんの?」という言葉の羅列。
昔 PC9800を使ってたという自信が脆くも崩れ去り、Personal Computerに対する私の考え方は間違っていたのではないか・・・
と悩み始めていました。
そんな時、Macを使ったことのある人から勧められて、Macを使い始めたわけですが、そのあたりのことは、私がMacを使う理由に詳しく書いてあります。


MacへのSwitchを迷っている方は、「周りにMacを使っている人がいないから不安」という人が多いと思います。
だけどWindowsのヘルプと違ってMacはヘルプが充実しているし、しかも使いやすいから大丈夫です!
それでも分からない場合は、このblogの掲示板へ書き込んでください。(さり気なくblogのCM(笑))
私が初めて使ったOS8.5のヘルプは、全くPersonal Computerに触ったことがない人にも分かりやすいようにアニメーション付きで解説してくれました。
「次はこちらをクリック」そして「このダイアログボックスへ記入」などなど。
当時から乗り換えたMacユーザーの中には「最近のMacヘルプは使いにくい」という人もいるほど親切でした。
しかし、現在Windowsを使っている方が、このヘルプを使ったらビックリすること請け合い。
論より証拠で、下に画像を貼り付けておきました。
Macヘルプと環境設定で「サウンド」を検索しています。

machelp.pngMacHelp
Macヘルプを起動して、検索するとズラズラ~と項目が出てきます。

mailhelp.pngMailSound
そして、目的の項目をクリックすると、その詳細が表示されます。
まるでWebSiteを閲覧するように、関連項目へのリンクが貼られています。
Tigerから加わったSpotlight機能のおかげで「システム環境設定」(Windowsのコントロールパネル)も、より使いやすくなりました。
関連項目をSpotlightが照らし出しているのが解ると思います。
しかも、一番関連が高いと思われるものには、より強くSpotlightを当てています。

system.jpgシステム環境設定
Macを使い始めたばかりでも、貴方は分厚い取扱説明書とにらめっこしながら、基本的な設定をしなくてもよいのです。
(もっともMacには分厚い取説なんか付いていませんが・・・)
基本的なことは、Macに訊けば教えてくれます。
そして、もっと詳しいことが知りたくなったら解説書を買えばよいでしょう。
(解説書を買うのは、Windowsも同じだと思います)
私は、Windowsを使っていた人こそ、Macの良さ、使いやすさが、より実感できると思います。
今までのPersonal Computerへの印象が一変すること請け合いです。


以前、ニュースで中年の方が、職場にPCが導入されたことでノイローゼになり、自殺したという記事を読んだことがあります。
その職場がMacを使っていればそんなこと無かったのにな~っと残念でなりません。

 - Mac・iPhone・iPad入門