Macの圧縮解凍ソフト

   

今までMacの世界では、定番中の定番だった解凍ソフト「StuffIt Expander(スタッフイット・エキスパンダー)」がTiger(MacOS X 10.4)からバンドルされなくなってしまったので、リンク先を貼っておきます。
すでにユニバーサル化されていますので、IntelMacでもOKです。

StuffItExpander
StuffIt Expanderは、なんといっても解凍できるファイル形式が多いのが特徴です。
これさえあれば一般ユーザの場合他の解凍ソフトは必要ありません。
解凍したい圧縮ファイルがStuffIt Expanderに対応していれば、ファイルをクリックするだけでデスクトップにマウントしてくれます。
一方圧縮ソフトの方は、StuffIt形式で圧縮できるDropStuff (ドロップスタッフ)があるのですが、こちらは有料ソフトですので、Zip形式等で圧縮できるフリーソフトDropCompress等を使った方がお得でしょう。
(Cocoaで書かれているようなのでIntelMacでも多分大丈夫)

dropCompress
このソフトも圧縮したいファイルをアプリケーションのファイルにドロップすればデスクトップに圧縮ファイルができあがります。
では、良きMacLifeを。
StuffIt Expander
DropCompress
【追記】
06'12'18 リンクが切れていたため貼り直しました。
ファイルやフォルダを選択してコンテクストメニュー(右クリック)を表示させると「”~”のアーカイブを作成」という項目がでます。
これを実行するとZip形式で圧縮できます。

 - Macアプリ