Macは、魚のアラ煮か?

   

酒の肴にはアラ煮が最高!
今からは夏に向かって段々旬の魚が無くなってくるので残念なのですが、冬場なんか鯛やブリ、ハマチ等々のアラ煮と地酒の純米酒で一杯!なんて最高です。
私の知り合いで魚が大好きなヤツがいて、そいつの場合魚の骨まで全部食べてしまいます。
つまり、魚が出ると何も残らない・・・
私の場合は、さすがに骨は残しますが、魚のアラ煮が出るとず~っとほじくっています。
アラ煮をほじくるのが何が楽しいかというと、骨と骨の間にある身を見つけたときの喜びが大きい。
「アラ!こんなところにも!」(オヤジギャグですか・・・_l ̄l○)


先日から、Windowsにも欲しいMacの小技Windowsにも欲しいMacの小技 その2で小技をいろいろご紹介していたのですが、今日もそんな小技に気がつきました。
☆ アーカイブを作成する
「アーカイブ」というのは、元々「複数のファイルを一つのファイルにまとめること」という意味なのですが、最近では「圧縮」の意味でも使われています。
MacのFinderでもファイルやフォルダを選択した状態でコンテクストメニュー(Controlキー+クリック、2ボタンマウスの場合は右クリック)を表示させると「アーカイブを作成する」というメニューが出てきます。

アーカイブを作成
これをクリックするとZip形式の圧縮ファイルを作成してくれます。
(Tigerからの機能なのかな?)
Zip形式で圧縮するだけなら圧縮ソフトの立場が無いではないですか・・・
以前、ショートカットのデスクトップピクチャのPhotoshopファイルを配布する際にターミナルでコマンドを叩いてZip形式ファイルを作った私の苦労は何だったんだ・・・(T.T)
☆ アドレスを開く
Safari技ですが、ハイパーリンクがかかっていないURLを選択(ドラッグ)してコンテクストメニューを開くと「アドレスを開く」というメニューが出てきます。
これをクリックすると、そのURLのサイトへ行けます。

アドレスを開く
http://www.switch-mac.com/
↑Safariの人お試しあれ(シイラでも同じ機能を確認)


こうやって見てみるとMac OSは、ホントに魚のアラ煮のようにほじくればほじくるほどいろんな発見や便利な使い方があって感動します。
魚の刺身も美味しいけどさ、アラ煮のようなPersonal Computerの本当の美味しさを味わえるのがMacだと思いますけどね。

 - Mac・iPhone・iPad入門