Mac用のソフトが使いやすいのはなぜ?

   

昔から疑問に思っているのですが、Officeでも、PhotoShopでも、なぜMac用のソフトの方が使いやすいんだろう?
現在のMac用Officeは、使ったことがないのですが、「Word98 forMac」(だったかな?)は、自宅で仕事をするために、iMacに入れて使っていました。


もちろん職場にあったWindows版も使っていたのですが、Macの方が使いやすかった。
どういう風に使いやすかったかを説明するのは、とっても難しいな~。
ツールが別ウィンドウに独立していて好きな場所に置けたし、一カ所にまとまっていて、どこに何があるかすぐに分かりました。
もちろんOS自体が使いやすかったのもあるけど。
以前Macのデスクトップは広かった?で書いたように、いくつもウインドウを開けるので、過去のファイルを参照しやすいというのもあるかな。
(Windows版のWordやExcelってバージョンアップの度に使いにくくなってる気がしませんか?)
PhotoShopにしても、Windows版のPhotoShopを使っていると、ウィンドウの背景にマットがくっついているので使いにくいったらありゃしない。(笑)
iMacの次にPower Macを買ったのですが、それまで自宅で使っていたiMacをわざわざ職場へ持って行ってWordを使ってました。
もちろんいつもMacに触れることができるのが大きな理由でしたけどね・・・(^^ゞ
よく「Macに変えたら今まで使っていたソフトが使えなくなる」という人がいますが、Windowsでできることは、たいがいMacでもできますからご安心を。
(あ、Winnyなんて危険なものは使えません(笑))
それに、同じソフトを使うのなら、いつまでも使いにくいソフトを使っているより、早めにMacへ乗り換えちゃった方がお得ですよん。
自宅での用途が、メールやインターネット中心なら尚更です。

 - Appleを語る