MacBook AirのRetinaモデルってこんな感じ!?

   

Dark局長さんの真似をしてウルトラスリム キーボードカバー TK710を手に入れたMetalです。

Apple NOIR » iPadと一体感のあるデザイン「Logicool ウルトラスリムキーボードカバー」【レビュー】
参考サイト

2012_155216.jpg

これまで、私はiPadをソフトカバーに入れ、片手で持って、本を読むような体勢が主な使用方法でした。
時々、折りたたみ式のBluetoothのキーボードを使って、モバイルPCの代わりにしていましたが、このキーボードに装着すると、iPadが、MacBook Air9.7inchになったような気がします。


厚さもAirとほとんど変わらないし、カバーにする時は、純正のSmart Cover ( スマート カバー )と同じようにマグネットでピタッと装着できるので安心感があります。
立てかけた時に、しっかりとiPadををホールドした状態で立ててくれて、その角度が絶妙。
MacBook Airを開いた時とほとんど同じ状況でタイピングで来ます。
それに、距離感もいい感じです。
キーのタッチ感覚も、MacBook Airと似ていて、浅めのストロークで私の好きな感覚です。
それに、Macの英字キーボードとほぼ同じ配列なのと、Macと同じようなショートカットキーが使えるので、スムーズに入力できます。
2012_154656.jpg

iPadのため、画面をタッチしながらの操作になるのですが、このくらいの大きさならそう苦になりません。
アプリの切り替えは、4本指スワイプを使うと、OSX Lionと同じ感覚で使えてとても便利。

OSX LionがiOSの影響を受けているのがよく解ります。
13inchのRetinaなMacBook Proの噂が耐えませんが、まさしく、MacBook Air11inchのRetinaディスプレイモデルのような感じです。
私の場合、モバイルする目的が、スタバでBlogの原稿書くくらいなので、これで十分。
何より、Retinaディスプレイなので、画面を見ていても目が疲れず気持ち良いです。
* * * * * * *

今までiPad 3th Generation(以下、iPad)の素晴らしさRetinaの素晴らしさを理解していたつもりですが、この蓋というかキーボード付きカバーによって、またiPadの違った一面を見たような気がします。
難点は、このキーボード、あまりの大人気に入手困難で売り切れ続出中。
Amazonでも、1〜3ヶ月待ちになってます。

ロジクール ウルトラスリムキーボードカバー: この薄さ!iPad用のキーボード兼iPadカバー。 - AppBank
参考サイト


 - iPadの話