MacOSは愛に溢れている!?

   

先日会社のPCの入れ替えがありました。
これまでデスクトップ型、17インチ液晶画面だったのが、14インチのノート型になったんです。
最近の液晶は、昔に比べて解像度も上がって小さい画面でも多くの情報を表示できるのはいいんですけど・・・
字が小さくて読みにくい!
解像度を落とすと、字は大きくなるけど輪郭がぼやけるし、画面が狭くなるのも嫌だ。

colorlcd
それに、まだまだ若い!という意地もある。(笑)
こういう時にMacOSのこれが便利。


「システム環境設定」→「ユニバーサルアクセス」の「ズーム機能
ユニバーサルアクセス
以前、記事にしたのですが、今回はどんな具合に拡大されるのかムービーも撮りました。
ズーム機能
拡大した状態でもスクリーンショットが撮れます。
拡大したスクリーンショット
もちろんテキストだけじゃなくて、画像やムービーも拡大表示できます。
ブラウザーの表示機能では、テキストは拡大できても、画像は拡大できないので便利ですよね。
今ニヤリとした貴方、あんなモノを拡大しないように・・・(笑)
これでMacを老後も安心して使えるぞ!っと。
やっぱりMacは愛のあるOSだ。
参考記事:Macのユニバーサルアスセス機能


同じ愛でも、こういう愛はちょっと虚(むな)しいジャズのスタンダードナンバー。
1930年代にコール・ポーターが作詞作曲した曲。
発表当時は、あまりに刺激的な内容だったため放送禁止になったそうな。

akiko - Akiko's Holiday - Love for Saleakiko:Love for Sale

「Love For Sale」
売り物の恋はいかが?
売り物の恋を味見してみない?
誰が買ってくれるのかしら、
お金を払ってパラダイスへ行かない?
どんな恋だってあるわよ。
私はどんな恋だって知っているわ。
本物の恋以外はね・・・
※ 私が原曲を聴きながら部分的に訳しました、かなりいい加減です。
You Tube:映画「五線譜のラブレター」から「Love For Sale」
ちなみに映画「五線譜のラブレター」は、コール・ポーターの一生を描いた映画。
公式サイト:五線譜のラブレター
アップル:Movie Trailer はこちら
五線譜のラブレター DVD

 - Mac・iPhone・iPad入門