OnyX(オニキス) を使いこなそう!-メンテナンスなど-

   


OnyX-Tiger
前回から引き続き、OnyXを探ります。
では「メンテナンス」で~す。



メンテナンス
☆ アクセス権の検証・修復
ご存じ「ディスクユーティリティ」でも実行できるメニューです。
なんかおかしいな?っと思ったときにアクセス権の修復で治るときが多いのでお試しあれ。
新しいソフトやWidgetをインストールした時に壊れやすいです。
☆ メンテナンススクリプトを実行
これは、Ony Xオリジナルのメンテナンススクリプト(つまりメンテナンスソフト)を実行するわけではなくて、MacOS Xに隠されている機能を実行するものです。
「スケジュール」をクリックすると何時メンテナンスを実行するか設定できます。

※ただし、この時間にMacを起動しておく必要があります。
スケジュール
☆ 初期化
ここでは、キャッシュとして保存されているいろんな情報を初期化することができます。
「フォルダ内容の表示を初期化」では、「.DS_Store」ファイル(Macで開いたときのフォルダやファイルの属性やコメントなどを保持しているファイル)を削除することができます。
この「.DS_Store」というファイルは、削除しても特に差し支えありません。
WindowsやMacOS 9からだと見えてしまうことがあるのでわずらわしいときは消してしまいましょう。
☆ Optimize(最適化)
通常は、MacOS Xがシステムをアップデート等したときにバックグラウンドでやる作業なのですが、調子が悪いときに試してみるのも良いかもしれません。
この後は、再起動をお忘れ無く。


クリーニング

クリーニング
アイコンが示すとおり、いらない履歴やブックマークアイコン(ファビコン)をお掃除してくれます。
システム関係のLogファイルやキャッシュファイルが壊れてトラブルになることもありますので、メンテナンスやトラブル解決に使えると思います。
ちなみに「ゴミ箱を強制的に空にする」では、ロックがかかってるファイルも削除できます。
(「Optionキー+ゴミ箱を空にする」でも同じことができます)
くれぐれも「それが何か解らないもの」は、クリーニングしないように・・・
私は時々やって泣いてますけど・・・(笑)
では、また次回
OnyX ダウンロード先

 - Mac・iPhone・iPad入門