PhotoshopかElement 6かそれが問題・・・か?

   

OSをLeopardに変えて、サポート外のPhotoshop 7が使えなくなりました。
私が、OSのバージョンアップを躊躇した理由の1つがこれだったのです。
ご存じのとおりPhotoshopは、世界最高のグラフィックソフトです。
私が、Photoshopを使い出したのは、初代iMacを使い出してまもなくの頃。
というよりも、Photoshopを使いたいがためにMacを買ったようなもの。
私が、Personal Computerを使い出した頃は、インターネットが始まったばかりで、常時接続なんか夢のまた夢。
iTunes&iTMも無ければ、オンラインストアもごく少数でした。
Personal Computerは、オフラインで使うのが当たり前で、私の主なiMacの使い道は、Photoshopを使っての画像編集でした。
ホームページに使うちょっとしたアイコンやキャラクタを作ったり。
ネットから拾ってきた八頭身の女性をコラージュして、ちょっとエロティックな壁紙を作ったり。(^^ゞ
素材が何もないところから、金属のような壁を作って、文字を埋め込んでみたり・・・。
」から「」を創り出す面白さ。
意のままに画像を編集できる面白さにドップリと浸かっていました。
そういうバーチャルリアリティ?の世界がとっても面白かったのです。


もちろん「アマ」ですから、Mac系の雑誌に載っている「Photoshop講座」のようなコーナーや解説書を参考に勉強はするのですが、凝った機能を使いこなせるわけもなく、豚に真珠、猫に小判、馬の耳に念仏(ちょっと違うか?)のような状態でした。
そんな状態でバージョンアップを何回か重ねてきたのですが、Intelへの移行時期だったり、費用が金銭的にきついこともありPhotoshop 7を最後にバージョンアップをしていませんでした。
しかし、今回が「アップグレード対象」最後のようです。
Leopardにしてからは、Photoshopを諦めて、フリーソフトを使おうかと思って、フリーソフトもいくつか試してみました。
私が使うくらいであれば、性能的には十分なソフトもあります。
だけど、Photoshopに慣れてしまっている私にとっては、一から操作方法を覚えるというのは、とってもストレスが溜まりました。
そんなわけで、現在 26,000円(ダウンロード版は、24,762円)払ってアップグレードしようか、それとも4月に発売予定のPhotoshopElement 6を 13,440円(ダウンロード版は、12,800円)で予約しようか迷っています。
元の値段が高いだけに、Photoshopのバージョンアップの権利って何だか財産のような気がして縁を切ってしまうのも惜しいような・・・
それに、世界最高のソフト、それも自分にとって一番Macを使う原点になったソフトを使っているという満足感もありますし。
一方、現状の使い方では、PhotoshopElement 6で十分だと思われるし・・・
う~ん 悩みます。
PhotoshopからPhotoshopElement 6へダウングレードバージョンアップができれば一番良いのですが、そうは問屋が卸さない。(笑)


しかし、今考えるとPhotoshopなんて高いソフトよく買ったな~
まぁ、当時はElementも無かったから、選択肢はなかったんだけど・・・
でも同僚のMacユーザのこの言葉が、私の背中を押したんだよな。
「世の中の世界最高のモノってなかなか庶民の手には入らない。だけどこのPhotoshopは、世界で最高に頭の良い人間達が作った世界最高のソフト。わずか10万円で使えるなんて安いもんじゃないか」
Adobe CS3

 - Appleを語る