Steveの贈り物

   

昨日の朝、いつものようにTwitterのTimeLineを見ていると、AppleのCEO SteveJobs氏の辞任のtweetが...
最初は信じなかった、信じたくなかった。
ソースを追っていくうちにホントだと解った時、なぜだか涙が出てきた。
自分でも不思議だった。
というのも、彼の事はいろんな本を読んでいたし、そして尊敬もしていた。
だけど、これほどまで自分が好きになっていたとは思ってなかったのです。


私がこれまで親兄弟以外に影響を受けたのは日本人「坂本龍馬」
能力の差はあれど彼のように生きたいと思っているし、いつも小事に囚われず対局を見て、そして理論ではなく自分の気持ちに正直に生きようと思っている。
しかし、いつの間にか自分の心の中に影響を与える人がもう1人現れていたようです。
図らずしも、茂木健一郎さんが書いています。
茂木健一郎 クオリア日記:坂本龍馬が現代に生きていたら、スティーヴ・ジョブス氏のよき友人となったろう
最近ユーザー会を始めて改めて思ったことがあります。
SteveJobsの作ったAppleが凄いのは、MaciPhoneなど製品の素晴らしさもさることながら、その製品を通じて人と人とを結びつけていることです。
現状では素晴らしい人の周りに自然と人々が集まるように、Appleという法人の元に人々が集まっているのではないでしょうか。
そしてSteveJobsの私たちへの一番素敵な贈り物は、Appleが大好きな仲間達だと思います。
貴方がいなければ、こんなに素晴らしいPersonal Computerと出逢うことはなかったでしょう。
そして素敵な仲間達にも...
今は大変な次期でしょうが、まだまだ若いのですから新しい会社を作ってもう一暴れしてください。
本当にありがとうございました。
これからもAppleのことをよろしくお願いいたします。


という訳で、私も来週9月3日開催されるAUGM東京2011へ参加します。
素晴らしい仲間に会うために!
東京は詳しくなくてお上りさん状態ですが、あちらで出逢った方々よろしくお願いします。m(__)m

 - Appleを語る