VNCでストーカー?

   

VNC (Virtual Network Computing)という環境があります。
これで何ができるかというと、手元のPersonal Computerに別のPersonal Computerのデスクトップを表示してリモートコントロールできるようになります。
Windowsでは、WindowsXPから付属している?ようなのですが、Macでは、Appleが販売している「Apple Remote Desktop」というソフトを使ってこの機能が使えます。
アップルソフトウェア
こんなに高性能なVNCソフトを使わなくても、家庭でリビングにあるMacminiなどをリモートコントロールするだけであれば、フリーソフトで配布されているのVNCがありますのでそちらがお勧めです。


この環境を構築するのは、コントロールしたいMacに、VNCソフトをインストールして、コントロールするMacにVNCビュアーソフトをインストールするだけ。
MacのVNCサーバーソフトはいろいろあるようなのですが、「OSX vnc」が代表的なソフトです。

osxvnc.jpg
一方MacのVNCビュアーソフトは、「Chicken of the VNC」というソフトが有名です。

chicken.png
【コントロールしたいPersonal Computerの設定】
VNCソフト(OSX vnc)をインストールして、パスワードを設定しソフトを再起動。

osxvnc.png
「システム環境設定...」→「共有」から「新規」を選ぶとダイアログが出ますので、VNCに使うポートを開放するだけです。

vncport.png
【コントロールする側の設定】
VNCビュアーソフト(Chicken of the VNC)をインストールして、ホスト側のコンピューター名、設定したパスワードを入力するだけです。
(通常は「User Bonjour」にチェックが入っていますので、自動認識してくれます)

vnclogin.png
これだけで、Chicken of the VNCをインストールしたMacから、OSX vncをインストールしたMacのデスクトップを覗けるようになります。

vncdesktop.jpg
この環境を構築するソフトは、LinuxやWindows版もありますから、Windows機からMacのデスクトップを見たり、クロスプラットフォームで使えます。
Windows用VNCビュアーソフトはこちらフリーソフトのVNC 4 Free Edition Compatibilityをダウンロード
元々手元のPersonal Computerから、他のPersonal Computerを監視したり、ソフトのインストールやメンテナンスを実行するためのソフトなのですが、我が家では、私のPowerBookから家庭内サーバーとして使っているリビングのMacminiの設定を変えたりするのに使っています。


他にもいろいろ便利な使い方があると思いますが、いくら他のPersonal Computerのデスクトップが覗けるからといって、娘さんや奥さんのPersonal Computerにソフトを仕掛けて、デスクトップを覗かないようにお願いします。
そんなことをしたらまるっきりストーカーです、Chicken野郎です。
世の中には、「知らぬが仏」という格言もあります。(笑)
仕掛けたつもりが、覗かれていたりして・・・
あぁ~こわい・・・{{ (>_<) }} OSX vnc
Chicken of the VNC
Windows用VNCビュアーソフト

 - Mac・iPhone・iPad入門