We are switching to Intel.

   

かねてから噂されていたように、AppleがIntelへswitchします。
Steve Jobs氏の基調講演の流れは、i☆Letterさんの記事に原文と機械翻訳付きで詳しく掲載されていますのでご覧ください。
i☆Letterさんの記事から発表された内容を林囓なりに要点をまとめますと、


・この5年間は、OSXがPPC(PowerPC)とIntel、両方のCPUで走らせることができるように整備してきたこと
・開発者用にIntelの開発用マシンを用意してあること
・ 開発者用にPower Macの筐体に入ったPentium 4(3.64 GHz)の移行用キットを999ドルでレンタルすること
・FATbinaryでコンパイルできるXCode 2.1をリリースしていること
・2006年6月からIntelへのswitchを初め、翌2007年6月には完全にIntelへ移行すること
・ITunesがPod Castに対応する(している?)こと。
・次期OSXはLeopard(レパード)という名であること
などです。
この基調講演のなかで、Pentium4上で走るOSXやPhotoShopを紹介したようです。
こういうとき「居酒屋林囓」のおじさんだったらなんと言うんだろう。
「CPUがなんであろうとMacはMac、大きな物を守ろうと思たらばっさり切り捨てやなあかん時もあるんや。大事なんは、Macが成長していくことと違うか?」
そんなことは解っている。
だけど、この恋人と別れるときのような寂しさはなんだろうか・・・

 - Apple News