WebアプリをMacのアプリケーションにするFluid.appの使い方

   

Facebookページの林囓Metalの部屋からもツイートしましたが、OZPAさんの所で見つけたFluidを使ってみたら、やっぱりとても便利だったのでご紹介。

よく使用するWebアプリを「アプリケーション化」してくれるMacアプリ、「Fluid」が超便利だ! | OZPAの表4

01Fluid.jpg

このアプリケーションは、WebアプリケーションをMacのアプリケーションにするアプリケーション。


つまり、Webアプリと言われるGmailGoogleMapのGoogleアプリケーション。
EvernoteFlickrなどのCloudサービスを通常のアプリケーションと同じように扱うことができるようになります。
通常だとSafariなどのBrowserを起動してから、ブックマークをクリックという2段階の操作が必要ですが、アプリケーション化することによって、Dockへ収納できます。

04dock.jpg

また単体で全画面表示にできますので、画面が小さい11inchのMacBookAirでも、いちいちタブをクリックすること無くアプリケーション毎に全画面表示にして、三本指のスワイプでブンブンアプリケーションを切り替えて作業ができます。
何気ないことですが、これが非常に便利。
アプリケーションのアイコンは、favicon(サイトのURLやブックマークに表示されるマーク)を使用することもできますし、ウェブサイトから拾ってきた画像をアイコンにすることができるので、カスタマイズ性にも優れていて、Dockをオシャレにできます。
例えば、Google先生でGmailなどを画像検索するといくつかヒットします。
変更場所は、メニューバーにある「アプリケーション名>Preference>GeneralPreference>Application icon」
02Preference.jpg

03General Preferences-1.jpg

* * * * * * *

私はFacebookをアプリケーション化して使うのがとても便利に思いました。
自分向けの投稿があると、iconに通知が出ます。
通常ですと、Facebookページと自分のページは切り替えないと使えないのですが、それぞれのページをアプリケーション化することによって、両方を併用できるようになるんです。
またWebアプリケーションじゃなくても、単にDockへ収納できるブックマークとして使うこともできます。
こうしておけば、いちいちBrowserを立ち上げなくても一発でアクセスできます。
あ!これってあれだ。iPhoneのSafariにある「ホーム画面に追加」と同じ発想だ。
なるほどね。
2012_003223.jpg

Fluid 1.5.1(¥450)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元:
Celestial Teapot Software - Todd Ditchendorf(サイズ: 2.6 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)
 
※価格は記事作成時の価格です。

 - Macアプリ