Windowsにも欲しいMacの小技

   

仕事では、Windowsを使っているのですが、ついついMacのこんな機能があったらな~っと思ったり、ついついMacを操作しているつもりでWindowsを操作してしまって戸惑うことがしばしば・・・
慣れの問題もあるのでしょうが、Macのような小技はあっても良いのではないでしょうか?
そうすればもっと作業効率が上がるはず・・・
☆ ウィンドウを閉じてもアプリケーションが終了しないようにする

ウィンドウの角
WindowsからMacにSwitchした当時は、アプリケーションが終了しないので戸惑っていましたが、慣れるとウィンドウの角にある「×」マークをクリックしただけでアプリケーションが終了するのは、逆にうっとうしくなります。
例えば、Wordで1つの文書を編集し終わってから、別のWord文書を開くときにはアプリケーションを終了させないでウィンドウだけを閉じたいのですが、それだといちいちツールバーから「閉じる」を選ばなければならない。
ポチッとウィンドウだけを閉じて欲しい!


☆ デスクトップピクチャを画面に合わせる

画面に合わせる
WindowsもMacもデスクトップ上で右クリック(Controlキー+クリック)でデスクトップピクチャ(Windowsでいう壁紙)を変更できるのですが、Macにはサイズが合わない画像を自然に表示してくれる「画面に合わせる」という機能があります。
Windowsだと画面サイズに合わない壁紙は不自然に表示されてしまいます。
☆ ファイルをドラックすると次々にウィンドウを開いてくれる
Macの場合は、移動したいファイルやフォルダを移動先にドラッグして重ねると移動先のフォルダを自動的に開いてくれます。
フォルダがピカピカ光ってスーッと開いてくれます。
(スクリーンショットを撮ることができないのが残念)
そして、どんどん下の階層へ降りることができるのです。
しかも移動先が気に入らなければ、ドラッグしたまま開いたウインドウの外へ出せば一番上の階層に戻ることができるんです。
Windowsで保存途中で元に戻ろうと思うと、一手間も二手間も余分にかかってしまいます。
☆ ファイルやフォルダを色分けできる

色分け
色分け2
これが一番Windowsで仕事をしているときに欲しい機能ですね。
ファイルやフォルダを選択して右クリック(Controlキー+クリック)して「カラーラベル」を選択するとファイル名のところに色を付けてくれます。
こうしておけば、編集途中のファイルとかファイルの重要度に応じて区別することができます。
ねぇMicrosoftさん、次のVistaではDashboardのような機能とかSpotlightのような機能を追加するようですけど、派手な機能ばかりじゃなくて、こういうかゆいところに手が届く機能も真似してくれるんでしょうね~?

 - Mac・iPhone・iPad入門